スポーツのすすめ 「スノーボード篇」

February 7 , 2018
楽しむ Enjoy&Event
プロスノーボーダー鬼塚 雅さんに聞く♪ スノーボードの魅力! (Photo by ©BURTON)

編集室)スノーボードを始めたきっかけと、その魅力も教えて下さい!

鬼塚選手)両親に連れられて、福岡市内の室内ゲレンデでスノーボードをやってみたのがきっかけです。初めて雪上を滑ったのは5歳の時、星野リゾート アルツ磐梯でのキッズキャンプで、今まで感じたことない浮遊感とスピードが心地よかったのと、参加している子たちとすぐに仲良くなって一緒に遊んだのを覚えています。
今日よりも明日とどんどん上達していくのを自分で感じることができて、あっという間に夢中になりました。
スノーボードの魅力は迫力あるジャンプや技を決めて、選手と観客が一体になって盛り上がれることだと思います。
私も選手を目指したきっかけはアルツ磐梯でやっていた世界大会でトップ選手の技と観客の盛り上がりを見て「かっこいいな!いつか自分もあんなかっこいい技ができるようになりたい」と思いました。

小学生でこのジャンプ! 迫力満点です♪

編集室)言葉すべてからスノーボードの楽しさが感じられます。では、これからスノーボードを始める福島のキッズへアドバイスを。

鬼塚選手)雪が降る地域でしかできないスポーツなので福島のみなさんにぜひチャレンジしてみてほしいです!最初は難しいかもしれないけれど、だんだん滑れるようになると、冷たい風を肌で感じられて、とってもとっても楽しいですよ!
ご両親も、全力で子どもと一緒にスノーボードを楽しんで欲しいです。

7歳のとき、アルツ磐梯の大会で初優勝!

編集室)家族で楽しめるのは魅力的♪
話は変わりまして、鬼塚選手が考える、夢を叶えるために必要なことは?

鬼塚選手)スノーボードが本当に好きでないと続けられません。だからこそ、まずは「楽しむ」ことが先決だと思います。
私もアルツ磐梯で練習を始めたころは「もうすぐ滑れる!」「またアルツ磐梯で仲間に会える!」ということばかり考えて熊本から通っていました。

真剣な姿がかっこいい!!

編集室)「夢を叶えるためには、まず楽しむこと」なんですね。
では、2018年開催の「平昌オリンピック」に対する意気込みを教えて下さい。

鬼塚選手)平昌オリンピックでは、スロープスタイルとビックエアの2種目でメダルをとることを目標に頑張りたいと思います!

星野代表と鬼塚選手。現在星野リゾートと 所属契約をしています☆

編集室)メダル獲得宣言!を頂きました。オリンピックも楽しんでほしいです。最後に、一言お願い致します。

鬼塚選手)私がスノーボードを続けてこられたのは、熊本からアルツ磐梯まで交代で車を運転してくれたり、練習の度に声をかけたりしてくれた両親のおかげです。クルールふくしまさんにはこれからも福島県内のお父さん、お母さんを応援していってほしいです。


プロフィールご紹介
鬼塚 雅(おにづか みやび )さん
プロスノーボーダー
1998年10月12日生まれ。熊本県出身。
5歳のときに福岡市内の室内練習場でスノーボードを始め、小学校1年のときにアルツ磐梯で開催されたインディーパークジャムで初優勝を果たす。8歳でBurtonとスポンサー契約を結び、2015年には16歳でスノーボード世界選手権女子スロープスタイルで最年少で優勝。2017年の世界選手権でも3位に入賞し、2大会連続の入賞は日本人初の快挙。
2017年早稲田大学に進学。
毎年、年末年始をアルツ磐梯と猫魔スキー場で過ごすのが家族の恒例行事となっている。
DATA
平昌オリンピック
鬼塚選手出場日程(仮)
 
スノーボード
女子スロープスタイル
予選 2月11日(日)
13:30〜
 決勝 2月12日(月・祝)
10:00〜
スノーボード
女子ビッグエア
予選 2月19日(月)
9:30~
 決勝 2月23日(金)
9:30〜