スポーツのすすめ「サッカー編」

October 2 , 2019
楽しむ Enjoy&Event
サッカーの魅力
福島の子どもたちにサッカーの楽しさを 伝える活動をしている西嶋さんに聞きました♪
今の活動内容をご紹介ください。

DREAM福島アクションプランフロントオフィスの一員として、福島県内浜通り地域を中心に、幅広く福島復興支援活動を行っています。

具体的には、Jヴィレッジを中心とした福島の現在をPR(情報発信)する取り組みや、交流人口拡大を目的とするようなイベントの開催。
また、自分のサッカー選手としての今までの経験や経歴を活かし、地域の人たちのニーズに応える取り組み、子どもたちのための取り組みを行なっています。

サッカー教室や運動教室の実施、サッカー部部活動訪問、スポーツ心のプロジェクト笑顔の教室に夢先生として福島県内の小学校で登壇など。

サッカーを通じて得られたものはありますか?
たくさんのこと。今の自分を作ったのはサッカー。
一番の宝物は、たくさんの人たちと出会い、関わり、様々な経験を共有できたことです。
これからサッカーを始める子供達へのアドバイスをお願いします。
色々なことに楽しみながら挑戦し続けてください!!
できないことも必ずできるようになります!!
今後の活動予定を教えてください。
今後も地域の人たちのためになるような活動を続けていきます。
特に子どもたち。サッカーを通して運動することの楽しさや、協力すること、挑戦すること成長することの楽しさを伝えていきます。
福島で子育てをしているパパ・ママへの応援メッセージをお願いします。
自分も今年の8月に第4子が産まれました。
子育ての楽しさうれしさ、家族がいる幸せを身にしみて感じています。

その反面、子育ての大変さやイライラするところ、各家庭それぞれ悩みや不安があることも重々理解しています。

でも子どもはすぐに大きくなります。今という時間は今しかありません。
子どもたちと日々関わることができる時間を大切にして、成長を一緒に喜び、たくさんの幸せを感じましょう!
DREAM福島の活動で感じられたことを教えてください。
子どもたちの成長力はすごいということ!
サッカーをしたことがなかったような子どもたちが、会うたびにどんどん上手になっていきます。

子どもたちが本気になれば可能なことばかり!
無限の可能性が秘められていると感じます。

プロフィールご紹介
西嶋 弘之
1982年4月7日生まれ/37歳
奈良県出身/奈良育英高校卒業
2001年から2017年まで17年間
プロサッカー選手として活動
所属歴
サンフレッチェ広島ーヴィッセル神戸ーコンサドーレ札幌
ー徳島ヴォルティスー横浜FC-ギラヴァンツ北九州
(2017年シーズンをもって現役引退)

Jリーグ通算346試合出場

現在は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に所属し廃炉の業務に従事しながら、DREAM福島アクションプランフロントオフィス(JFAとJリーグが協力して取り組む福島復興支援活動)の一員として、Jヴィレッジを中心に地域の子どもたちにサッカーや運動の楽しさを伝えたり、夢先生として登壇したりするなど、浜通り地域を中心にサッカーを通して幅広く活動している。